ROCKの死後硬直

音楽、特にロックなやつ。テキトーに書いてます。

【初聴】米津玄師 / ゴーゴー幽霊船【レビュー】

 

f:id:s-s-falilv:20171117200511p:plain

 

 

どんなに好きなバンドであろうと、ある曲を初めてを聴く瞬間がある。新曲はもちろん、マイナーな曲とか。

今回は、初めて聴いた曲をレビューしたいと思います。

初めて目にすることを初見と書くのに、どうして耳にする場合は初耳なのでしょうか。ニュアンス違くない? なので僕は初聴と表します。読みはしょちょう。良し、赤飯炊こ。

一回だけ聴いた後のレビューになるので、どうなるかは分かりません。曲はこちら。

 

youtu.be

 

みんな大好き米津玄師。初期の曲である。ま、僕は初期も中期も、最新も大して知らんのだが。

 

米津玄師について知っていること

 

曲のレビューの前に、僕が現在知っている米津玄師の情報をまとめたい。

・本名。

・作詞作曲、絵も描けるし、ダンスも踊れる天才(らしい)。

・ボカロのPをやっていた。

・背が高く、ラッドの野田洋次郎みたいな雰囲気。顔は爬虫類。

・ヒロアカの歌や、LOSER、「神様どうか~」の歌はテレビで聴いたことある。

・菅田君やDAOKOとコラボしている。

・最近出したアルバムが売れている。

 

くらい。

よくネットや知人から「米津玄師すごい!かっこいい!」みたいな話を聞くが、なぜか食指は動かず、まじめに聴くことはなかった。

世間で天才と称されている人間を見るのが嫌いなので、余計に耳にすることがなく、僕の中のイメージは洋次郎のパチモンである。だからまともに聴いちゃいないが、僕は米津玄師が嫌いだ。

 

それでは、聴きます。

 

 

天才だった。

 

 

天才でした。ごめんな、米津。天才だよお前。

本当に一回だけしか聴いていないので、細かい部分とかは覚えていないんだけど、音の作りが凄いなと感じた。

 

全体的に、浮遊感と不気味さがあり、所々で意味不明な音が混じりこんでくる。

一番印象的なのは、前半の右耳の方で鳴っていた不安定なギター。リズムっていう概念をどこかに捨て去った音が気持ち悪く、面白い。

そのくせして、サビはキャッチ―で聴きやすかった。

言葉では言い表しにくいが、ボカロ臭さも感じられた。意味不明な歌詞とか、シンセの使い方とか。

 

正直一回聴いただけじゃ全く分からん。サウンドメイクが凄すぎて、理解できそうにない。たぶん、10回くらい聴いても新しい発見があるはず。

 

歌に関しては、声質があまり好きではないので特に。でも癖になる人は癖になる声だよね。ハマれば抜け出せなくなる感じは確かにあった。

 

あと、女の子可愛い。

 

曲をちゃんと聴きもせずに嫌いなんて言ってごめん。これから、ちゃんと聴きます。

洋次郎のパチモンなんかじゃない。洋次郎とはベクトルの違う天才だった。

好きか嫌いかで言うと別に好きじゃないけど、なんで今まで聴かなかったんだと後悔しております。

 

天才、米津玄師。アルバムも聴きます。

 

 

それでは、また今度。

 

 

【Album】Fear, and Loathing in Las Vegas / New Sunrise【全曲レビュー】

f:id:s-s-falilv:20171105182842p:plain

 

Fear, and Loathing in Las Vegas / New Sunrise】

1.Return to Zero
2.Before I Fail
3.Power of Life and Death
4.LLLD
5.To Catch the Right Way
6.Interlude
7.SHINE
8.Set Your Goal
9.Accept Each Other’s Sense of Values
10.Fight Against the Limit
11.The Sun Also Rises

  

 

以前書いたなんちゃらラスベガスの二年ぶり、5枚目のフルアルバム、New Sunrise。

期待と不安を抱えつつリリースされたアルバムを一曲一曲、感想を書いていきます。MAX星5つで星も付けていきます。

 

まず最初に記事のタイトル長すぎるので、なんちゃらラスベガスに正式に名前を変更して頂きたいと思いました。初めて見た人、どっちがアーティスト名か分からないし。

 

メンバー↓

So(クリーンボーカル)
Minami(スクリームボーカル・キーボード)
Sxun(ギター・クリーンボーカル)
Taiki(ギター・太い声ボーカル)
Kei(ベース・アニメ声ボーカル)
Tomonori(ドラム)

 

Return to Zero

youtu.be

 

 タイトル通り0に戻る、原点回帰と言っていい曲。

初期の名曲Love at First Sightを思わせるような、ゆったりとしたイントロ。四つ打ちのドラムが徐々にテンションを上げる感じはまさしく「アルバム始まるよ!」という感じ。

ユーロビートよろしくな印象的なメロディは意外と新しい感じで気持ちいい。

サビではラスベガスあるあるの「Ah~ah」の 連発。後半のSxunとSoの掛け合いも良い感じ。パラパラ前のTaikiのシャウトが今後、どう使われるのか気になる所。

全体的にまとまった印象で、アルバム一曲目にふさわしいクオリティ。

 

★★★★★

 

 

Before I Fail

 従来の、と言ったら語弊があるが、4thアルバム以前のラスベガスに最も近い曲だと思う。特にシングルのカップリングっぽい。

シンセ抑え目の割とストレートなスクリーモサウンド。と思いきや、バキバキのシンセから、TaikiとMinamiの掛け合い、Minamiの得意技ラップ風早口スクリームでまくし立てる。

完成度が高く、アルバム中で一番ロックしてるかなと。ドラムがかっこよすぎて憎い。

 

 ★★★★★

 

 

Power of Life and Death

スタートからやかましいんじゃボケ、と毎回思うminamiのスクリームから始まる全編スクリームで展開される曲。クリーンボーカルなしの曲は2ndアルバムのCrossover以降初めて。

Crossoverはいかにも攻撃的な曲だったが、この曲は全てスクリームなのにもかかわらず、全体的にダンサブルな印象。
最初から最後までアクセル全開で、一息つかせる間も無く駆け抜ける。ずっとサスペンス映画のような緊張感があるので、聴くと疲れます。
打ち込み主体で、とにかく音の数が多く、まさに音の暴力といったところ。ヴァイオレンスサスペンスミュージック。聴き終える頃には痣だらけ。
要所要所のピアノがかっこよく、聴くたびに発見があります。ライブで盛り上がりそうな曲。

 

 

★★★★☆

 

 

LLLD

youtu.be

リビングリビングリビングダイニングじゃないよ。そんな豪邸の歌ではない。

11曲の中で最も勝負した曲だと思う。

まさかのヒップホップ。Minamiがラップを!と思ったのはラスベガスを知っている人間全員が思ったことだろう。

ヒップホップのゆったりと乗せる感じが新しい。後半、それまでの過程を全て吹っ飛ばして凶悪になるところはさすが。そして、何事もなかったように元に戻るのもステキ。

何度でも聞いていられます。アルバムで一番好きかも。ライブの定番曲になるのではないでしょうか。

 

★★★★★

 

 

To Catch the Right Way

バラード枠。超エモい。

アルバムで一番Soの歌にフィーチャーした曲。ピアノやヴァイオリンのストリングスが新鮮で心地いい。ギターもうまい具合に曲の世界観を構築して、Soの歌を支える。ドラムの存在感が凄くて、かっこいいフレーズが沢山あった。

アルバムの癒しですね。夕焼け空のイメージが浮かび上がる「良い曲」。

 

★★★★☆

 

 

Interlude

インスト。ラスベガスのインストはいつも素敵なんだけど、これは凄い。

恒例の8bitサウンドで展開。音の一つ一つがファミコン。最初の方の「ザザッザクッ」的なノイズみたいな音がファミコンらしさ全開。

何かのゲームに使われていたとしてもおかしくない。僕はなんとなくロックマンの感じがしたんですが、どうでしょう。

そして、ボス戦も終盤か、という所でいきなりピアノソロに変わり、その後ノリノリのトランス8bitに戻る。

Minamiの作曲センスに脱帽です。このアルバムで一番いいメロですわこれ。

で、アウトロはインストあるあるの次の曲に繋げているやつ。 

 

★★★★★

 

 

SHINE

youtu.be

シングル。サムネが特撮みたいやんけ。

ライブ映えしそうな曲。テンションをブチ上げるTaiki、Minamiパートから、シンセのクサメロ。終始ミディアムテンポで進行し、サビも全員でシンガロングできるよう低めのキーで歌われている為、非常に聴きやすい印象。でも、インパクトという点はやや弱いかも。

後半のピコピコや、Sxunのボーカルが結構良かった。インパクトは弱いけど、スルメ曲です。

「ソッソッソッソイ!」

 

★★★★☆

 

 

Set Your Goal

爽やか。帰宅部の糞野郎が聴く音楽というより、サッカー部の爽やか君が聴きていそう。可愛いシンセをバックにMinamiのちょっと面白いスクリームが聴けます。

後半のSoとMinamiとSxunのボーカルが聴きどころかな。

あと、絶対この曲順は正しくない。4曲目くらいのはず。後半に入れる曲ではない。

 

★★★☆☆

 

 

Accept Each Other’s Sense of Values

タイトルなげーよ。変態かよ。

ラスベガスの真骨頂。カオスにカオスを掛けたような楽曲。

メタルコアっぽい入りから極悪なブレイクダウン、めちゃくちゃなシンセが鳴り、初音ミクばりのアニメ声のボーカルが歌う。正体はBa.Kei。

そしてTaikiの遠吠えが入ったかと思えば、美しいピアノが入り、曲も終わりかなと思えば、SoとKeiの掛け合いが入る。カオス。

まさにジェットコースターのような音楽。一度体感してほしい。この曲、ええじゃないか。

 

★★★★☆

 

 

Fight Against the Limit

スタートのギターのステレオ感がいいね! その後のサイレンみたいな音も曲の期待値を上げる。

印象的なギターリフとシンセが気持ちいい。構成のバランスが良い感じで、サビも分かりやすく、乗りやすい。Sxunがメインボーカルかよって感じで曲の良い部分を歌うのが面白い。

バランスが良く、ダンサブルな聴きやすい曲。

 

★★★★☆

 

 

The Sun Also Rises

 

youtu.be

ついにラスト。

タイトル通り、夜が明けて日が昇る、そんな印象を受ける。ピアノが曲の世界観を広げ、Minamiは相変わらずやりたい放題だが、Soは優しく歌い上げる。

オートチューンを通しているのにもかかわらず、歌っている表情が分かるようなボーカル。特にキーの低いところはエモくて好き。

途中の雰囲気ぶち壊しの転調もラスベガスならでは。頭がおかしいとしか言えない。

そしてラストのこれまで積み上げた、壮大で感動的なイメージをひっくり返して台無しにするMinamiの絶叫。アルバムの最後をあれで締めるのは変態。ド変態だ。

 

★★★★★

 

 

おわり

 

星付ける意味ある?という疑問はいったん置いといて。

 

全曲、ハイクオリティ。文句なしに良いアルバムだと思う。

ただ、このアルバムだけじゃ無いんだけど、ラスベガスの曲って最低5回くらい聴かないと理解できない。スルメとはまた違った意味の、奥深さ。めっちゃ手が込んでるフレンチ的な? 美味いことはなんとなく分かるけど何が美味いかは分からない。

だから、一回聴いてダメな人も、何度か聴けば印象が変わるかもしれません。

 

このアルバムは結構キャッチ―な曲が多く、ラスベガスのアルバムの中でも聴きやすい部類に入るので、みんな聴いておくれよー。

 

それでは~。

 

 

【Song】9mm Parabellum Bullet / ガラスの街のアリス【レビュー】

 

 

youtu.be

 

2000年代を代表するバンド、9mm Parabellum Bullet。邦ロック好きの20代で9mm聴いてこなかった奴はいない。そう断言できるくらい偉大なバンドだと思う。

今回は、半年くらい前に発売された7枚目のアルバムからガラスの街のアリスのレビューを少し。

 

 

9mmらしさ

 

 

9㎜の特徴、一つはリードギター。滝善充。

主役は俺だ、と言わんばかりに弾きまくる。ライブでは暴れまくりの弾きまくりである。その楽しそうなパフォーマンスから、ギターの妖精と言われている。

とにかく攻撃的で印象的で特徴的なギターサウンドが9㎜の最大の魅力であり、武器だ。

そして、それを支えるベースとドラムもしっかりとした土台を作っている。ギターがむちゃくちゃできるのは、特にドラムの力が大きい。

滝は現在、病気で療養中。ギターは弾けるが、長時間弾くのが難しいらしい。

 

もうひとつ特徴は、Vo.菅原の歌声だ。

声質が悪い、歌が下手、などと盛大にディスられているが、9mmに於いて彼の歌声は代えの効かないものであろう。

僕の提唱する説「ロックバンド、ダサかっこいいくらいが一番かっこいい説」を体現するのが彼の垢ぬけない、間の抜けた歌声。

サウンドも少しダサいが、それを加速させ、かっこいい所まで引き上げることが出来るのが菅原だ。ダサいは褒め言葉なのだ。

 

なのでグーグルさん、9㎜ ボーカル で調べる時の検索候補の一番上に「下手」は出さないで上げてください。下手じゃないんです、ダサいだけなんです。

 

ガラスの街のアリスも9mmらしさ全開の一曲だ。

 

f:id:s-s-falilv:20171109201655p:plain

 ギターの妖精こと、滝善充。


 

変わらないかっこよさ

 

 

さて本題、ガラスの街のアリスのレビューだが、この曲は皆が思う9㎜の曲、に近いと思う。

激しくも繊細で、キャッチーで、どこか歌謡曲の匂いを感じる、そんなイメージに近い。

 

曲初めから「あ、これ9㎜だ」とわかるようなドラムとギター。で、イントロで「あ、これ、間違いなく9㎜だ」となるギターソロ。ここで一気に曲の世界に引きずり込まれる。

間違いなくヘビィなサウンドなんだけど、激しさだけじゃなく、哀愁を孕んでいるメロはさすが9㎜といったところ。

 

印象的なイントロから、落ち着いてAメロへ。Vo.菅原の艶っぽい歌が心地いい。

Bメロはドラムが気持ち良すぎる。サビの期待感をこれでもかというくらいに高める。

そして、叙情的なサビ。歌メロが完全に歌謡曲。裏声が曲の寂しさを強調し、そしてまたギターソロへ。このソロだけで1時間聴いていられる。

 

この曲は特にBメロとサビの展開が9㎜らしさがあると思う。歌とギターの調和。曲のどこの部分を聴いても9㎜と分かるのは本当にすごい。

 

僕が一番好きなところはアウトロのギターの入り。ロック聴く人であそこ嫌いな人いないでしょ絶対。

9㎜好きな奴は絶対好きな曲、ガラスの街のアリス。聴いてみて。

 

 

終わり

 

 

この曲の収録されている、BABELのレビューもいつかしたいと思います。

滝はゆっくり休んで、早くライブをしてください。

 

それでは。

 

 

 

圧倒的表現力で魅せる、歌詞が良いバンド5選

 

 

 

歌詞なんてものは、音と一緒に聴いてこそ歌詞だ。とは言っても、その表現の素晴らしさから、詩単体で見ても素晴らしい歌詞もある。

今回はそんな、聴かずとも見るだけで素晴らしさが分かる歌詞を紹介します。だから、動画は乗っけません。 気になった方は自分で検索してくれ。

 

たった数行で魅せる歌詞。音楽と離れても魅力的な詞をいくつか、どうぞ。

 

 

Mr.children / 終わりなき旅

 

いきなりミスチル出しちゃった。てへぺろ

歌詞が良いバンドといったらやはりミスチル様ですよ。良い歌詞がありすぎて困ったんだけど、今回は終わりなき旅のこの一節。

 

難しく考え出すと 結局全てが嫌になって
そっとそっと 逃げ出したくなるけど
高ければ高い壁の方が 登った時気持ちいいもんな
まだ限界だなんて認めちゃいないさ

 

≪終わりなき旅≫

 

シンプルでストレートな言葉。当たり前とも思える言葉だが、生きる上で重要な事ではないだろうか。

スポーツや音楽など、何かをひたすら追い続けている人が聴くとグッとくると思う。

この詩のように、挫けそうな時、まだやれるまだやれると言える奴が何かを成し遂げられるんでしょうね。

青臭いけど、心に染みる歌詞。さすがです。

 

 

THE BACK HORN / 幾千光年の孤独

 

売れてんのか、人気があるのか、なんなのか。な、立ち位置に居るバンド。今年で結成20周年だそうな。

ガンダムの主題歌とか歌っていたから、ちょっと知っているよという人もいるはず。

歌詞としては割とストレート。叙情的なものもあるが。しかし、今回のは難解で読解できずに後悔だYO。

 

天国に空席はない 鳥獣戯画の宴は続く

人類が平等だとか 愛してるとか やらせろよあばずれ
凍てつく真夏日に 襟を立て歩いてく
背中に焼け付いた十字架
幾千光年の憂鬱が降り注ぐ
ビルの底 顔のないキリストが泣いてる

 

≪幾千光年の孤独≫

 

この曲は、メジャー一枚目のアルバム『人間プログラム』の一曲目。尖り過ぎである。

どこにアルバム開始数十秒で、やらせろよあばずれと歌うやつがいるのだろうか。

生きていくことへの、言い表しにくい感覚。世の中は不平等であるという鬱憤や、どうすることもできない無力さ。きっとそういう感情の歌。

 

 

藍坊主 / 星のすみか

 

この間別の曲のレビューをした藍坊主。

この曲は表現も凄いけど、発想が異常です。

 

誰もいない、遠い過去に、星たちは砕け、欠片が結ばれ、地球になって、
物質から、なんでなのか、命を創った、僕たちの血は、星屑の液体。

 

≪星のすみか≫

 

どうだろうか。すさまじい表現。

体に流れる血をここまで美しく表現した歌詞があるだろうか。いったいどんな頭をしていれば、血液を星屑の液体と表せるのだろう。ロマンチックというより、もはや恐れすら感じる。

そして、読点が多いのは藍坊主あるあるだ。

 

never young beach / どうでもいいけど

 

通称ネバヤン。Suchmosに成り切れなかったバンドって認識は改めないとダメでしょうか。よくテレビで見たのでそういう印象なんですけど。とりあえず、おしゃれっていう。

ボーカルが俳優の高橋一生の弟らしい。似てねーけど。

聴いてるだけでハッピーになるネバヤン。歌詞も良いよ。

 

ナンバーの 剥げている
車が行く その先は
ママのご飯 久しぶりだな
年をとった 犬を撫でる

 

あー 伸びた髪を「そろそろ切ったらどうなのよ?」って言われて思うんだ
僕もなんか 大人になった

 

≪どうでもいいけど≫

 

あー、どうでもいい歌詞。薬にも毒にもならん。水みたい。でも、どうでもいいけどこういう歌詞好きな人多いのでは?

何気ない日常的な、サラダ記念日的な、何でもないような事が幸せだった的な、二度とは戻れない的な。もう、戻れないんだよね……。

大人になるってこういうことかもよ。知らんけど。

 

 

amazarashi / 命にふさわしい

 

僕が歌詞に関する記事で、amazarashiを出さない訳がなく、なんならamazarashiについて書きたかったから、この記事を書いたまである。

 

失くした何かの埋め合わせを 探してばかりいるけど
そうじゃなく 喪失も正解と言えるような
逆転劇を期待してる そしてそれは決して不可能じゃない
途絶えた足跡も 旅路と呼べ

 

≪命にふさわしい≫

 

なにかコメントするのもおこがましい程に素晴らしい。誰もが抱いているであろう感覚を、これ程までに的確に言葉にする。さすがamazarashi大先生。 

たぶん、良い歌詞と思う人と、そう思わない人がいるだろうけど、この歌詞を良いと思わない人は勝ち組。間違いない。人生で石ころに躓いたこともないのだろう。きっと素晴らしい一生を送るでしょう。くたばれ。

で、良いと思った奴は、頑張ろう。逆転劇は起こせるはず。きっと。

 

 

終わり

 

良い歌詞を歌うバンドなんてもっともっといっぱいあるだろうけど、今回はここまで。

たった数行なのにすごい歌詞達だったと思う。全然意味わからんし普通と思った方は、なんかごめん。

でも、僕はそんな感受性の奴は嫌いです。ヤバT聴いて踊っててください。

 

良い歌詞 悪い歌詞 いろいろあるんだなぁ みつを。

 

じゃあ、また今度。 

 

 

小林太郎という若き天才

 

 

 

f:id:s-s-falilv:20171031192215p:plain

 

Linkin Parkのボーカル、チェスターが亡くなってから、三か月。

ロックスターはなぜ自ら命を絶つのだろうか。悲しい。ご冥福をお祈りいたします。そしてロックバンドのSNS、R.I.Pって書きがち。

 

ロックスターの死、と聞いて誰を思い浮かべるだろうか。

ジョン・レノンフレディ・マーキュリーシド・ビシャス、日本人ならHideを思い浮かべる人も多いかもしれない。

 

僕はカート・コバーンを思い浮かべる。

 

27歳の若さでショットガンで自殺した、Nirvanaのギターボーカル。彼を知ったのは、彼の死後なのだが、Nirvanaを初めて聴いたときの衝撃は凄かった。

これがロックか!となったのを覚えている。とにかく、かっこよかった。

 

そして和製カートともいえよう人物こそ、小林太郎である。

 

 

小林太郎という才能

 

 

Nirvanaの特徴と言えば、カートの声と、シンプルかつかっこいいギター、激しくも繊細さのある曲だと思うんですが、小林太郎にはそれらの要素が詰まっている。


 

youtu.be

音量と音質なんとかしろ、このやろう。TV画面直撮りのアホじゃねーんだから。公式なんですよ、コレ。

 

ともあれ、男でこの声嫌いな人いないでしょ。

カートを彷彿とさせるがなり声と、少しひずませた綺麗な高音。

ギターリフも印象的で、激情的なサウンドとそれに負けないボーカル。糞ダサフライングVもイケてる。

声質だけで才能丸出し。プラス歌唱力。このときなんと20歳。死ね。才能の海に溺れて死ね。

 

ボーカルは100%才能の世界で、いくら高い声が出ようと、ビブラートが凄かろうと、声質ってのは根本的には変えられない。ほとんどの人がそうだと思うが、ボーカリストに求めるものは技術より、声の質だろう。

その点、小林太郎は最高。 出来ることならこの声になりたい。日本人で一番かっこいいとさえ思える。

 

 

でも売れない

 

 

本当に良いものは勝手に売れる。というが、小林太郎は売れない。

最近はアマゾンプライムの、仮面ライダーアマゾンズの主題歌なんかを歌っていたけれど、売れない。

流行りの声でも、音楽性でもないが、Suchmosがあれほど急に売れたのであれば、小林太郎ももっと世間に認知されてもいいのではないだろうか。アシッドジャズが今頃また流行ったなら、グランジが来てもいいだろ。

 

この才能が日の目を見ないのは心が痛い。

 

上のPVで20歳だった小林太郎は、もう27歳だ。結婚もしたらしい。でも、彼の声と音楽は丸くなってなどいない。鋭く尖り続けている。

 

そして、カートが死んだのも27歳。早すぎる。

 

お前は早く売れろよ、小林太郎。凡人に成り下がる前に。

 

皆、聴けばいいのにな。

 

では。

 

 

MVに出てる女の子が可愛すぎる問題

 

 

youtu.be

 

KANA-BOONがアルバム出したってよ!もう一か月位経つけど。

KANA-BOONファンのみんなは聴いたかな? 

ていうか、今こいつらのファンっているのかな、最近見ないけど。時が経つって悲しいことね。

 

ちなみに僕はアルバムをまだ聴いていない(たぶん聴かずに一生を終える)けど、MVが上がってたから見ましたよ。

 

 

MVに出演している女の子、可愛すぎる問題

 

 

曲どうこうは後で書く。そんなことよりも大事なことがある。

このMVを見た9割以上の人間が最初に思ったことがあると思う。「この女の子かわいい」だ。残り1割はブスの僻み。ブスの僻み乙女。

 

MVに出てくる女の子はなぜこうも魅力的に映るのだろう。ココアシガレット的なもの食べているシーンとか、ポッキーのCMのガッキー並みに可愛い。

真面目な話、MVに出てる女の子は通常の1.5倍は可愛くなる。眉毛すごい濃いけど超可愛いもん。涙がでるわ。

なんなら、バラエティで見るガッキーより可愛いだろ。ごめん、嘘。

 

可愛い女の子が出ているMVは他にもたくさんあるが、僕が最初に思いついたのが、フレデリックのオドル―プ。

 

youtu.be

 

みんなはショート派? ロング派? 僕はどっちも!!

この曲の異常なまでのヒットは、曲の中毒性もさることながら、MVの女の子によって生み出されたものだと思う。おすすめのシーンは公園で水飲むところ。エロス。

可愛い子が踊ってたり薄着だったりしたら見るよそりゃ。

 

オドル―プのロングヘアの女の子、アリスムカイデっていう子なんだけど、この子はMV女優って言われるくらいMVに出演している。9mmとか空想委員会とか。

本業はモデルみたいなんだけど、絶対モデルやっている時より、MVに出演している時の方が可愛い。

 

将来的にはMV女優として生計を立てる人が出てくるかもしれない。

 

ほないこかもドラマじゃなくてMV女優くらいにしとけばいいのに。バラエティで見たらあまり可愛くなかったしな。何がさとうほなみじゃ。お前はドラム叩いてろ。

 

 

 KANA-BOON / 涙

 

 

女の子の話は終えて、曲の話をしたい。

率直な感想としては、邦ROCKの王道を突き進む良い曲だった。なんでファンが離れていったのか不思議なくらい。

 

KANA-BOONの一般的な印象って、四つ打ちでポップでキャッチ―なバンドか不倫だと思うんですよ。

正直KANA-BOONでまともに聴いたことあるのは、ないものねだりだけです、っていう人結構いるはず。

ほとんど僕もそうなんだけど、こういう「聴かせる」曲も書けたんですね。知らなかったです。

 

新しいことは一切していないんだけど、ストレートな歌詞に、泣きメロのギター弾かれちゃうと相当な数の日本人が好きになるだろう。

僕もKANA-BOONは基本的に嫌いなんだけど、この曲は好きな部類に入る。

ここまで王道な曲だと、嫌いという意見が出づらい。といっても、僕はVo.谷口の声が苦手なので好きにはなれないけど。

 

でもいい曲には変わりないので、ファンは彼らを支えてやってください。落ち目の時に支えてやるのがファンだ、とのび太も言ってました。不倫でいなくなったのか、その前から離れていったのかは知らんが、今が支え時ですよ。

え、谷口鮪が重くて支えられない? 大丈夫、今の彼は痩せてるからさ。

 

とはいえ、試しに新しいアルバム聴いてもいいかなと思える曲だったので、機会があれば聴きたいと思います。ちなみに僕は「機会があれば」と言って機会があったことはないです。いけたら行くは絶対に行かないです。

 

じゃあ、皆さんもKANA-BOONのNEWアルバムNAMiDA、機会があればぜひ。